思いは、電気工事市場の発展。―電業調査会

電業調査会

編集長ブログ

電気工事の内容はさまざまですが、2つに大きく分けることができます。
外線工事と内線工事の2つです。

外線工事は、発電所で作られた電気をビルや工場あるいはマンションや戸建て住宅へ運ぶため、
屋外や地中に電線を張り巡らす工事です。

内線工事は、建物内で照明やさまざまな電気機器、設備機器などを使用できるように、
天井や壁の内側などに電線を張り巡らす工事です。

編集長ブログは、内線工事を主力とする電気工事会社の経営に関連した内容についていろいろ綴っていきます。
といっても、技術的なことではありません。
電気工事会社の日常的な動きのなかから気が付いたことや話題をお伝えできればと思います。

カテゴリ一覧