思いは、電気工事市場の発展。―電業調査会

電業調査会

電気工事

◇千葉県内の停電に思う③

投稿日:

編集長のイグチです。

前回のブログでお話ししました千葉県内の住宅電気工事センター16カ所あるなかの一つのセンターへ、昨日、電話取材をさせていただきました。

結論からお話ししますと、現状は、対応が難しく、インターネットで自宅近くの電気工事会社を探していただくよう勧めています、ということでした。

当該の住宅工事センターでは100社前後の電気工事会社が組織されているということですが、それぞれが既存の得意先から仕事を受注しているなかでの対応になるため、忙しければ対応できないのは無理もない話だと思います。

今回は、台風直後から相談を受けているということで、今後、新たに相談を受けても、被災された方の自宅近くにある電気工事会社を紹介することは難しい、と話していました。

なお、住宅電気工事センターへの連絡は、そのほとんどが東京電力パワーグリッドから紹介されたというもので、千葉県電気工事工業組合のホームページを見て、住宅電気工事センターに電話してきた方は少ない、ということでした。

日頃から、自宅周辺にある電気工事会社をチェックすることは、とても重要なことだと思います。電気工事は、形があるモノではありません。技術力あるいはデザイン力といった無形のサービスを提供していますので、信用や信頼が大切です。

電気工事会社の周辺を散歩しながら、会社の雰囲気を知ることはとても意義のあることだと思います。