思いは、電気工事市場の発展。―電業調査会

電業調査会

業界フラッシュ(ゼネコン)

◇「長時間の空撮が可能な有線給電ドローン」を開発 フジタ

投稿日:2020年3月5日 更新日:

フジタは、給電装置から電力の供給を受けながら空撮が可能な「建機追従型有線給電ドローン 」を開発した。空撮した映像は、無人化施工の建設機械オペレーターに提供され、あらゆる視点からの映像チェックが可能となり、作業効率の向上と省人化が可能となる。また、バックホウ用遠隔操縦ロボット「ロボQS」を装着したバックホウと連携させた実証実験を長崎県島原市で実施し、この技術の有用性を確認した。

上記情報は主に各社公式サイトから引用しています