思いは、電気工事市場の発展。―電業調査会

電業調査会

協会・組合だより

◇「宮崎市総合防災訓練」に参加 宮城県電業協会

投稿日:2020年3月1日 更新日:

宮城県電業協会は、1月26日、宮崎市防災訓練に参加した。訓練は南海トラフ巨大地震の発生により建物の倒壊や浸水被害が発生したとの想定で、メイン会場の大淀川市民緑地では避難情報伝達や救急救助活動、ライフライン復旧訓練など、協会は避難所開設にともなう電源供給の訓練と防災機器等の展示を行った。

電源供給の訓練は、軽トラックに載せた発電機から避難所に見立てた参加団体が展示する各ブースに、電工ドラム(コードリール)を使い電源供給を行った。また、展示は、賛助会員のアシストユウ、パナソニック(株)エコソリューションズ社が行い、米良電機産業に協力を依頼。アシストユウは「移動式監視カメラシステム」、パナソニック(株)エコソリューションズ社は「リチウムイオン蓄電池システム」や「感震ブレーカー付住宅用分電盤」などの防災機器を展示した。(上記情報は主に各協会・組合の公式サイトから引用しています)