What's New! 記事詳細

シリーズ・編集部座談会《こんな話&あんな話》 変化に応じられる業者だけが生き残れる時代!? 変わりゆく電気設備工事業界《承継》のカタチ?

2019/04/12

☆事業承継の「標準化」が生み出す「再編」への動き

司会者 前回の座談会では、昨今の電気設備工事業界における「承継のカタチ」とその変化の具体的な事例がいくつも出たよね。その際に重要なのはまず、かつての承継をめぐる事情と違い、現在は事業承継の「第3 のカタチ」ともいうべきM&A が、当たり前の選択肢の一つとして考えられるようになっているということが挙げられる。
 ではそういう時代を背景とする「承継」において、成功していると思われる事例に共通する特徴は何かということをみんなで確認し合ったわけだけど、それはズバリ、ジャンルを超えた形での「現代の優れた企業経営者」としての標準的資質を兼ね備えた人たちが継承しているからだという、実に当たり前のような結論に落ち着いた(笑)。(以下詳細は週刊電業特報3094号に掲載しております)