What's New! 記事詳細

TOPIC 神奈川県電設資材卸業協同組合の平成 31 年新年賀詞交歓会

2019/02/01

 1 月 25 日、神奈川県電設資材卸業協同組合は、横浜ロイヤルパークホテルにおいて、平成 31 年新年賀詞交歓会を開催した。
 近藤保理事長は挨拶のなかで「神奈川県の景況感ですが、昨今から言われていた東京オリンピック・パラリンピックの開催を契機とした経済の活況はなかなか見られませんでした。
 超大手企業はその恩恵を受けておりますが、私どもの業界では人手不足や資材高騰などの影響もあり、目立った動きは見られません。
アベノミクスにより景気が上向いた時期もありましたが、私の感覚では 2015 年以降から少しずつ下降線をたどっている印象です。
 ただ、私どもの業界では明るい話題もあります。その一つが太陽光発電システムです。中でも、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーの発電コストが、既存の電力コストと同等であるか、それよりも安価になるグリッドパリティが実現されれば、新たな展開が見えてくるのではないでしょうか。
 こうした新しい時代の商材を皆さまと一緒にもり立てて行きたいと思っておりますので、今後もなにとぞよろしくお願いいたします」と述べた。
 来賓からの祝辞では、神奈川県電気工事工業組合・青博孝理事長、神奈川県電業協会・真崎和秋副会長がそれぞれ挨拶し、パナソニック ( 株 ) エコソリューションズ社横浜電材営業所・宮木順司所長が乾杯の音頭を取り、賀詞交歓会に入った。後半には恒例の大抽選会が行われ、出席者全員に海の幸が行き渡った。