What's New! 記事詳細

TOPIC 日本配電制御システム工業会ほか 2 団体の合同新年賀詞交歓会

2019/01/25

 平成31年1月16日、一般社団法人日本配電制御システム工業会、一般社団法人日本配電制御システム工業会東京支部、東京配電盤工業協同組合は、浜松町東京會館において、三団体の合同による新年賀詞交歓会を開催した。
 3団体を代表して一般社団法人日本配電制御システム工業会会長の宇賀神清孝氏が次のように挨拶を述べた。
 「ここ数年間、今年こそは忙しくなるので、皆さまのご協力をたまわりたいと言い続けてきましたが、昨年はようやく忙しくなりました。特に後半は忙しくなりすぎたように感じます。今年も昨年の後半ほどではありませんが、会員企業の皆さまはお仕事を抱えているかと思います。少なくとも暇にはならない状況ではないでしょうか。
 昨年、経済産業省に伺った際、学校施設の熱中症対策として、エアコン設置に関する補正予算を組むが、製品の供給体制はどうかと聞かれ、改めて先日に伺った際には、予算は審議を通り、見通しとしては約5000件のエアコン設置の希望があるのではないかとのことでした。そのため、私ども工業会では連絡会をつくり、エアコン設置に関する仕事が忙しくなった際に、支部間でフォローしあえる仕組み構築していくことにしました。
 4月から改正入管法が施行されます。これにより新たな外国人労働のルールがスタートします。このことにつきまして、各支部で説明会を開催していきます。今後もこうした法改正が行われた際などには、工業会として会員企業の皆さまをフォローしていければと考えております。今年もよろしくお願いいたします」。
 続いて来賓からの祝辞が述べられた後、鏡開きが行われ、日本配電制御システム工業会東京支部支部長・国分直人氏の乾杯の音頭により賀詞交歓会に入った。